臨床育児・保育研究会

 

 

 

エデュカーレ臨床育児・保育研究会とは今月の研究会これまでの研究会の内容環境部会汐見稔幸のページ会員の論文ニュースレターリンク集新刊案内

 

2008年 12月の研究会

 

大学における「保育」の意義と課題
アメリカ・カナダの保育施設を訪問調査して

大学という場所に「保育」の風景が入り込むという事象として、「保育」「幼児教育」「教育」といった営みを、改めて捉えなおそうと、アメリカ・カナダの大学の学内保育施設を多数訪れ、調査をされた東京文化短期大学の尾崎博美先生に報告をお願いしました。

訪問された学内施設はアメリカはカリフォルニア大学、コロンビア大学、ボストン大学、ハーバード大学、カナダはオタワ大学、モントリオール大学、その他の大学です。

日本でも学内保育所が急速に増えつつあり、地域の子育て支援の場としても広く活用されるようになっています。貴重な調査の報告をお聞きして、改めて学ぶ機会になればと思います。

 

 

 

日時

 

12月9日(火) 午後6時30分より9時まで

 

 

 

 

 

 

話題提供者

 

尾崎博美(東京文化短期大学)

 

 

 

 

 

 

場所

 

中野ZERO、本館地下2階 視聴覚ホール

 

 

 

 

前へ次へ 

 

 

 

 

ホームmail 

※このサイトに掲載されている全ての写真・イラスト・文章の無断使用を禁じます。

Copyright © 2008-2009 臨床育児・保育研究会 All rights reserved.