エデュカーレ

臨床育児・保育研究会とは

今月の研究会

これまでの研究会の内容

環境部会

汐見稔幸のページ

会員の論文

ニュースレター

リンク集

新刊案内

2011年 10月の研究会

「子どもの表現を大切に 一人ひとり楽しみながら…」

先月の講師の細田淳子先生から、カールオルフの音楽と子どもの表現をお話しいただき、実演入りで楽しい研究会になりました。今月の講師の方は、その細田先生より日本カールオルフ音楽教育研究会のメンバー、愛育養護学校でアートセラピーをなさっておられる飯塚暁子先生をご紹介いただきました。

先生は「何よりも子どものひとりひとりの表現を大切に、そして形にならない中で色々な発見、可能性がある…」と、音や色、そして動きを中心にした楽しいワークショップをなさっています。

ドイツのザルツブルグ音楽大学でオルフを学ばれ、ミュンヘンの小児センターで音楽療法も同時に学ばれ、音楽療法の資格を取得されたそうです。帰国後は愛育や障害をもつお子さんの音楽療法をなさりながら、地域では音と動きの表現WSをなさっているそうです。

日時

10月11日(火) 午後6時30分から9時まで

講師

飯塚暁子先生(愛育養護学校アートティーチャー)

内容

一人ひとりの表現を大切にした音と動きのワークショップ

オルフの音楽教育について

会場

セシオン杉並 2階 視聴覚室

ホームmail 

※このサイトに掲載されている全ての写真・イラスト・文章の無断使用を禁じます。

Copyright © 2008-2011 臨床育児・保育研究会 All rights reserved.