エデュカーレ

臨床育児・保育研究会とは

今月の研究会

これまでの研究会の内容

環境部会

汐見稔幸のページ

会員の論文

ニュースレター

リンク集

新刊案内

2012年 3月の研究会

「子ども子育て新システム」

〜幼保の総合子ども園化はすすむのか〜

「子ども子育て新システムに関するの基本制度とりまとめ」が新システム検討会議の「基本制度ワーキンググループ」から2月13日付けで提出されました。政府は今回のまとめをもとに、この3月に国会に二つの法案を提出する予定です。国会を通過すれば、平成13年施行、15年から本格実施というスケジュールと言われています。これによって日本の保育所、幼稚園、子育て支援はどう変わっていくのでしょうか。

すでに、幼稚園と保育所での温度差の問題や、市町村によるシステムへの対応の差、あるいは学校法人、社会福祉法人、企業などの運営形態による違い、さらには保護者の選択権と契約の問題など、検討すべき課題が多く指摘されています。

最も大事なのはこれによって乳幼児期の子どもの育ちを今までよりも深く支えられるシステムになるかどうかでしょう。こうしたことを、政府案をきっちり理解しつつ、みんなで検討する会を開きたいと思います。みなさん、ふるってご参加下さい。

汐見稔幸(しおみとしゆき)

日時

3月13日(火)

開場 18:00 開始 18:30 終了 20:45

講師

汐見稔幸(臨床育児・保育研究会 代表)

会場

産業商工会館(3階講堂) 定員160名

JR阿佐ヶ谷駅南口 徒歩7分

地下鉄丸の内線 南阿佐ヶ谷徒歩5分

ホームmail 

※このサイトに掲載されている全ての写真・イラスト・文章の無断使用を禁じます。

Copyright © 2008-2012 臨床育児・保育研究会 All rights reserved.