エデュカーレ

臨床育児・保育研究会とは

今月の研究会

これまでの研究会の内容

環境部会

汐見稔幸のページ

会員の論文

ニュースレター

リンク集

新刊案内

2012年 11月の研究会

「ことばによらないコミュニケーションから
声と身体の表現へ」

今回は表題のように、「声や身体の表現」として武蔵野美術大学の齋藤啓子先生のワークショップを通して、皆さんで学びあいたいと思います。

さて、どのような声や身体の「表現」が生まれるでしょうか? 今からどきどき…しています! 皆さんのご参加をお待ちしています。

斎藤先生は、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科の教授をなさっておられ、地域コミュニティの創造をテーマにしたワークショップを企画・運営・記録し、さまざまなメディアのデザインに関わってこられた方です。

また、子どもたちへの演劇ワークショップなどもてがけていらっしゃいます。

→ホームページ

日時

11月13日(火) 午後6時30分から9時まで

お話

齋藤啓子先生(武蔵野美術大学教授)

司会とまとめ 汐見稔幸(臨床育児・保育研究会 代表)

会場

セシオン杉並 2階 視聴覚室

会場の案内
地下鉄丸ノ内線 東高円寺駅下車 徒歩5分
青梅街道を荻窪方面に歩き、環7との交差点をそのまま直進し、わたったら、環7の歩道を左に(南方面)100mくらいです。

ホームmail 

※このサイトに掲載されている全ての写真・イラスト・文章の無断使用を禁じます。

Copyright © 2008-2012 臨床育児・保育研究会 All rights reserved.